忍者ブログ

宇都宮友の会ブログ

宇都宮友の会の日々の活動の様子を記録しています。

   

9月例会

「おかあさんのスカート、かわいいね!」
例会に行く日の朝、息子が褒めてくれました。

こんにちは。管理人の宗です。

8日木曜日は9月の例会でした。

桜最寄りと雀の宮最寄りが当番で
私は読書の役目をいただいていたので
珍しくスカートなんぞはいて出かけたのでした。

台風の影響もあまり受けずに例会を開催することが出来ました。


プログラムです。


読書は
羽仁もと子著作集 第16巻 みどりごの心 から
『我々の住む所』。


世の中の仕事はどんなに複雑な仕事でも
家庭の事業に比べると単純。

一人の夫とお互いを認め合って、真に清らかな愛情を持って
暮らしてゆくことの方が難しい。

と、ありました。
家庭の中の仕事は軽視されがちだけれど
そうではないんだなあ、と。

一つの家庭(いえ)を本当の意味で、
正しく明らかに愛深きものに成長させて行くこと、
そういう家に自分の家をしたいと
祈りをもつことが大切なのだということが
書かれていました。

そうですよね。大切な家族。
一番大切なひとたちですもんね。

もっと愛情を持ち、それを表現していこうと思いました。

私にとって、時折読み返したい章となりました。




    

U6とは(under 6)の意。
友の会では、6歳以下の子どもがもつ「よく育ちたい」という力を
子育てに関わるみなさんと見つけ育むことを大切にしています。

宇都宮友の家でもこんなにU6の樹にたくさんの葉がついています。

そのうちの一枚・・・。




8月3日、東京の自由学園から
中学生と高校生のお姉さんが友の家に来てくださって
小学生13人と万華鏡を手作りしたそうです。

子供読本を読み、感想を述べ、万華鏡制作の説明、アシスト、
すべて学園生のふたりが取り仕切って進行していったそうです。


子ども係のNさんから報告を聞き
その日の感動が伝わってきて私もウルウルしてしまいました。

写真を撮り忘れましたけど、万華鏡もとても素晴らしいものでした。


9月の家事暦は・・・


●「十五夜に月見団子とけんちん汁を
●防災の日 身近な場所の点検を
●シーズンを終えた衣類はそのまましまいこまないで


9月15日が十五夜らしいので
私も息子と月見団子作ってみようと思います。


8月は子どもも夏休みでどっぷり家庭の中に籠り
外に出ていく風が滞っていたように思います。

この日の読書にあったように、
私も家庭から社会へ向かって
温かい空気と清らかな風を送り出せるようにしたい。
そんなことを思った例会でした。




emojiおまけ・・・emoji



こちらは会員が手作りしたお菓子。
人参ケーキ3個入り200円
花クッキー2枚入り100円

いつも例会終わってから買おうと思っていると
なくなってしまうので、この日は早々に手に入れました!
(当番の特権かも!)



読書の役目を終えてホッとした私と
幼稚園から帰ってきてホッとした息子で
美味しくいただきました!

拍手[13回]

PR

『悩む時が親育ち』ありがとうございました。

7/31日曜日は、
榎田二三子先生の
「悩む時が親育ち ~イライラしない子育てのヒント~」
の講演会でした。

会場は若いお母さんを中心に、
子育てをサポートしている方、お父さんの姿も多く見られ、
先生の言葉を一言も聞き漏らすまい、という熱気に溢れていました。





先生のお話しのレポートをまとめてみました。

青の文字はレジュメの文章です。
黒の文字は先生のお話しから私がメモしたものや
感想などです。




1・ 事例から考える 2歳の事例から

食事の時に、最初はちゃんと食べるが、すぐにおしゃべりし始めたり、遊び始めたり、立ち上がってしまう。

先生から、こういう時、どうしていますか?
という質問がありました。

我が家の3歳児、まさにコレです!
私の答えはこうでした。

「『今ご飯食べてるからね』、と言い、
それでもやめない場合は、
『じゃ、お母さん食べちゃおうかなと言って食べる振りをする』」

先生からのヒントは、

子どもは存分に遊んで、心も身体も満足すると、よく食べるし、よく眠る。

あー、面白かった、という体験をすること、
匂いをかいだり、触って触感を確かめたり、
五感で体験させることが大切だ、と。

そして、2歳くらいの子どもは、
なんと!食べることを途中で忘れてしまったりもするそうです。
4,5歳になると、食べることの大切さは解っているが、
なかなか思う様に出来ないので癇癪を起こしたりも…

年齢によって、対応の仕方はぜんぜん違うのですね。

食事は大人がコントロール出来ないので
(フォアグラのように無理矢理食べ物を口に入れる訳にはいかないのだから(笑))
美味しいという体験を積み重ねていき、食べる気にさせることが大切。

育児にはHow Toがないので、その子に合った色々な方法を考えてみる。

★子どもの生活つくりの基本
  よく遊び→食べる、寝る
★子どもにとって今必要な生活を保証すること



2・子ども育ちの道筋

(1)愛されていると感じる

★子どもに伝わる方法が必要

触れる、笑顔、ご飯、困った時に助けてくれる、大人から子どもへの発信、子ども一人ひとりとの時間を作る

今朝笑顔を見せた?と聞かれ、ドキッとしました。
人は笑顔に愛を感じるそうです。

触れるとセロトニンが分泌され、人は幸福感を感じる。

ご飯も贈与の行為。

甘えを受け取る。(甘やかすのとは違う)

大人も面白いことを言う。

子ども一人ひとりとの時間を作る。
上の子には特に。買い物や、お風呂など。
上の子は下の子がいると、お兄ちゃんお姉ちゃんの顔をしてしまう。


(2)感じる心を育てる

感覚は教えられない 感じる体験から 乳幼児こそ!大事!

何か見たら「きれい!面白そう!」と、形容詞を言うように。

レイチェル.カーソンの「センス オブ ワンダー」
驚く心、感じる心を子どもに育てたいという本。オススメ

(3)主体としての自己を育てる

おもちゃ等を友達のものを取ったりするのは「自分はこうしたい!」
という気持ちの現れで、実は大切なこと。
親の言うことを聞いてしまう方が心配。

主体としての自己
   ↓
客体としての自己(自分が周りからどういう風に見られているか)
に変わって行く。(4歳くらいから)


(4)子どもの生活と大人の生活のすり合わせ

★子どもに主導権を!=一人の人として尊重する

大人が主導権を持つのが嫌。
子どもを尊重したいが、言いなりになるのとは違う。
子どもに主導権を持たせつつ、上手く親のペースに誘導して行く。

(5)説明されるとわかるようになる

3歳ちかくなると…
対比的認識の獲得、見通しが持てる=待てる

大きい小さい、多い少ないがわかるようになる。
比べる力がつくので、おもちゃを貸せたり、食べ物をあげたりが出来るようになる。
過去、現在、未来の時間軸も出てくる。
おもちゃをお誕生日に買ってあげるね、と言うと待てるようになる。

それまでは、今!が全て。


(6)幼児期後半から学童期

●幼児期後期
新しいこと、知ることへの興味関心
文字、数、社会現象、自然現象
美しいもの、おもしろいものを創り出す シンメトリーに並べたり
人との協働性の芽生え→遊びこむ
人の立場にたって心が読める=心の理論
道徳性の育ち

人の立場に立てるのは5歳くらいから。
ルールを守れるようになる。

●学童期
★失敗する権利を奪わない。

自律を育てるには困ってもらうことが大切。
子どもは困ったらその先どうしたら良いかを考える。
小さい山を超えて行くことに挑戦しないと大きな山を乗り越えられなくなる。
失敗する権利を奪わない。

3・叱りたくなる時

(1)怒りをコントロールする

★怒りをコントロールする方法
その場を離れる=見ない、まあ良いか、大丈夫と思う
体を動かす、怒りの気持ちを吐き出す、深呼吸する、相手のことを知る
★子どもは、応答的関係の中で育つ

怒りをコントロールする方法として「10数える」という方法も提案。

(2)叱られることばかりする

★子どもの行動と気持ちを分けてとらえる
★子供の気持ちはねじれて表現される
★まず子どもの気持ちに寄り添う

子どもが叱られるようなことばかりをする→立ち止まる時
その行動の裏側にある気持ちを解るようにする
まずは子どもの気持ちに寄り添う
愛されていることを伝える
大人から関係を作り直す
(大きくなればなるほど、関係修復は難しくなる)

(3)子どもへの伝え方

★オープンクエスチョンで
★子どもにわかる伝え方をする 子どもの心にストンと入るように

オープンクエスチョンとは、YESかNOで答えられない質問の仕方。

例)片付けを促したいとき
「片付けはどこまで進みましたか?」
「どこに片付けますか?」

つい自分の願望を言ってしまいがちだけれど、
子どもの立場に立って、心にストンと入るような言葉を探してみる。






このような内容でした。

最後に、先生から、

子育てに奮闘する時期は思っているより短い。
大切に過ごしてください。とお言葉をいただきました。


子育てには

発達の見通しを知ること
色々と試してみてどうなったかを学ぶこと

が大切なんだなあ、と思いました。

歯磨きの度に泣いていた我が子、いつの間にか泣かなくなっていました。
次から次へと悩みは生まれるけれど
そう長くは続かないものですよね。


講演会に足をお運びくださったお客様、
本当にありがとうございました。

子どもにとって一番大切なのはお母さんの笑顔。
口角上げて夏休みを乗り切りましょう!
(口角を上げるだけで、幸せホルモンが分泌されるらしいです!)




拍手[14回]

ある日のおやつ

おはようございます。
管理人の宗です。

友の会の方はとてもお菓子作りが上手です。
子どもに安心で美味しいおやつを食べさせたい、
という気持ちで子育てしてきたからなのだと思います。

私も子どもを育てるようになって、
子どもにとってのおやつの大切さを実感しました。
特に、子どもが幼稚園に行き始めてから、
ますますおやつの地位は上がってきました。


「きょうのおやつはなあに?」
と、聞かれた時、
彼が必ず喜ぶであろうおやつの名前を自信満々で言ってあげたいものです。


昨日は、乳幼児を持つ母の集まりで教えてもらった
バナナマフィンを焼いてみました。

このマフィン、面倒くさがりの私にも焼ける簡単さなんです。

用意するのはだいたいこんな道具と材料。


オーブンの予熱を待っている間に生地作り完了!

洗い物もこれだけ!



今日も美味しく焼けました!




週末に摘み取ってきたブルーベリーを添えて。


最近ベランダでおやつを食べるのがお気に入り。
家の中だと暑くてemoji


二人で美味しくいただきました。

因みに今日もバナナマフィンだぞ(笑)




次回の乳幼児を持つ母の集まりは、2016年7月20日(水)。
テーマは『あったらうれしい常備菜』です。

同じくらいの子を持つママ同士のおしゃべりも楽しいですし
子育てが楽しくなるヒントがいっぱいですemoji

お問い合わせはこちらから

乳幼児係 増田 TEL FAX 028-638-5812






拍手[16回]

7月例会

友の会ではひと月に一度「例会」というのを行っています。

会員が集まり、読書をし感想を話し合ったり、
活動の様子を報告し合ったりするのです。

今回私は用事があり参加出来なかったので、
御幸最寄りのOさんにレポートをお願いいたしました。


emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

7月7日(木)七夕!!
7月例会が開催されました。


今日の花(トルコききょう)と羽仁もと子
先生の言葉のたてです。


家事ごよみです。
8月は例会がないので(夏休みのため)、
今回は7月と8月の2月分。


7月 ●八方だしを作る
   ●基本時刻をたて、早ね早おきのリズムを!
   ●家の中を涼し気に夏らしく模様替え

8月 ●涼し気な夏のデザートを親子で作ってみましょう
   ●半乾き雑巾ぶきで家中をさっぱりと
   ●冷蔵庫の開閉は手早く、詰め込み過ぎないで


これは、最寄から出てきた家事家計講習会のスローガンの案です。


 


そして、プレゼンしている様子です。
一人2票ずつ良いと思うものに投票し、
家計係がこの中からひとつを選びます。

全国にある各友の会が考えた案を全国生活研究会に提出して、
2016年度家事家計講習会の全国スローガンを選びます。
宇都宮のが選ばれると良いですね。


こちらは、7/31の講演会のセールに出すものの一部です。
ちらっとご紹介emoji



親子エプロン


豚のぬいぐるみ、箸入れ



5重ガーゼのスタイ(よだれかけ)

などなど、心がこもった手作り品がたくさん出揃ってきました!
これは楽しみですemojiemojiemoji
プレゼントにも喜ばれそうemojiemojiemoji


7月は例会食がありませんでした。
最寄の負担を減らす事と食中毒が心配な季節になってきたからです。

ですが、
さつき最寄が手作りパンを使ったセルフサンドをセールしました。

  

    



コーヒーチキンと生野菜サンド、
フルーツサンド、の二種類でした。
見た目にも爽やかで、美味しかったですemoji


先ほども触れましたが、2016年 7/31の講演会「悩む時が親育ち」に、
たくさんの方に来ていただき、喜んでいただけるよう
会員一人一人が心をあわせて励んでいます。

ぜひぜひ講演会に足をお運びください。

お問い合わせ  宇都宮友の家
電話・ファックス 028-627-1080

拍手[12回]

学童のおやつ作り

管理人さんより依頼を受けたスパロウです。

今回は、友の会活動の一つ、月に一度のおやつ作りをご紹介します。
学童保育の子供たちの誕生日会に合わせて、
毎月違うおやつを手作りして届けしています。

6月は"花クッキー"。
真ん中にアーモンドをのせ、
生地にもアーモンドプードルを混ぜ、
サックリ焼き上げた軽い食感のクッキーです。
9時半から12時半まで、6人で150枚のクッキーを作りました。

美味しそうに焼けました!!



冷まして2枚ずつラッピング、これが案外大変!
とても割れやすいので、
丁寧に優しく慎重に扱わないといけないのです。



私は、新入りメンバーで、
毎月色々なおやつを作って楽しく勉強させてもらってます。

実は、このおやつ作り、
友の会ならではの見逃せないコツや裏技がたくさんあるんです。
先輩達の手さばきを見て真似て、
習得できるのもとても嬉しいです。

作ったおやつは子供達の楽しみにしている誕生日会のもの。
安全でおいしく、お母さんが作ってくれたようなおやつを・・・。
そんな気持ちで皆で作ってます。
そして、素敵な楽しい誕生日会になるように願ってます。

来月はマドレーヌ。
喜んでくれるかなぁ?

拍手[13回]

カレンダー

08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
うつのみやとものかい
HP:
性別:
女性

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- 宇都宮友の会ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]